中性脂肪を下げる方法で病気を予防|早めの対策が大切

改善の方法

ダイエット

中性脂肪は、人間の体を動かすのに必要なものであるが、皮下脂肪として蓄積されるということがある。この値を下げるための改善には、食生活と運動を行うことが重要になる。食生活では脂分を避け、有酸素運度を行うことが効果的である。

詳しく見る

後悔する前に行動しよう

woman

心筋梗塞や脳卒中の恐れ

健康診断で中性脂肪値を下げるよう言われた方は、すぐにでも下げるために行動する必要があります。食の欧米化が進む日本では、生活習慣病患者数が急激に増加しています。昔の日本人には無縁であった生活習慣病は、今や国民病となりつつあります。生活習慣病になる最も大きな原因は、高い中性脂肪です。中性脂肪を下げることにより、心筋梗塞や脳卒中を防ぐことができます。心筋梗塞や脳卒中になってから後悔しても遅すぎます。早めに行動することは、自分の命を守ることにつながります。中性脂肪を下げるためには、食事やサプリメントから有効成分を積極的に摂ることが重要です。積極的に摂りたい有効成分は主に3つあり、全てをバランス良く摂るようにしましょう。

3つの有効成分を摂ろう

中性脂肪を下げる1つ目の有効成分が、食物繊維です。特に水溶性の食物繊維は、非常に効果があることが分かっています。腸内の余分な脂肪を吸着し体外に排出してくれるため、中性脂肪を下げることができます。2つ目の有効成分が、ポリフェノールです。多くの医療試験により、中性脂肪を下げる効果が実証されています。ポリフェノールはサプリメントからも摂りやすい成分であるため、効率的に補うことが可能です。3つ目の有効成分が、EPAです。現代の日本人が生活習慣病になりやすいのは、このEPAが不足していることが原因です。青魚に多く含まれているEPAは、肝臓から血液に分泌される脂肪を抑制する効果があります。普段あまり青魚を食べない方は、サプリメントで積極的に補うようにしましょう。

生活習慣を見直し改善する

サプリメント

日本食を食べない方の増加により、中性脂肪が高い方が増えています。心筋梗塞や脳卒中とならないためには、中性脂肪を下げる生活習慣にすることが重要です。暴飲暴食はしない、1日30分歩く、1日6〜8時間の睡眠を取ることで、確実に中性脂肪を下げることができます。

詳しく見る

血液循環を考えます

お茶

血流には、身体の各器官を健全に機能させるために不可欠な重要な役割があります。中性脂肪は血流を阻害する要因になるので下げる必要がありますが、食生活の改善は困難なことが現実です。また、下げ過ぎても健康に悪影響があります。

詳しく見る